So-net無料ブログ作成
検索選択

福島氏、閣僚懇でホワイトビーチ案を批判(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は26日の閣僚懇談会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で政府が米軍ホワイトビーチ(うるま市)沖合を埋め立てて代替基地を建設する案を検討していることについて「社民党としては人工島を造るというのは、できない計画だ」と発言し、埋め立てによる新基地建設や県内移設には反対していく考えを強調した。

 また、福島氏は閣僚懇で「連立政権の中で信頼感を3党が持ち、内閣をあげて民意が得られるような解決策になるようにやっていただきたい」と国外や県外移設先についても検討するよう要望した。

【関連記事】
社民はどっち向き? 参院選で新社会党元副委員長擁立
福島氏、県内移設も容認?「反対だが従う」の二重基準多用
普天間移設問題で首相は「県外あきらめない」 福島氏は「県内」容認示唆
抑止力は米の「核の傘」ではなく「憲法9条」 福島氏が持論展開
福島氏、同意人事案に署名「反対ではあるが、署名はやむなし」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

橋下知事と平松市長に新たな火種…入学貸付制度(読売新聞)
<全国農政連>自主投票に 参院選比例代表で方針転換(毎日新聞)
公務員の希望退職検討=仙谷担当相(時事通信)
平成22年度予算24日に成立 民、自両党が本会議採決で合意(産経新聞)
会議欠席に批判噴出=生方氏「出る必要ない」−民主(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。